忍者ブログ

[1]  [2

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

プロフィール

HN:
きしず座
HP:
性別:
男性
職業:
無職
趣味:
絵とか写真
自己紹介:
生れた日:

19xx年11月30日

年のころ:

四半世紀+2

好きなイロ:

赤、黒、白、オレンジ


好きなモノ:

古道具、胸躍るモノ

最新記事

ブログ内検索

最新コメント

(10/16)
(01/22)
(01/20)
(01/20)
(01/05)

バーコード

アーカイブ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いつも朝食は和食ばかりなので、たまには洋食的なものでも作ってみようということで、今日の朝食はフレンチトーストっぽいモノを作ってみました。

ちゃんとしたフレンチトーストではなく、あくまでも「っぽいもの」なので工程は簡単。

1.牛乳(150ccくらい)と卵一個、砂糖を少々加え、よくかき混ぜる。

2.(1.)に食パンを浸す。

3.あらかじめ軽く加熱しておいたフライパンにバターを引き(2.)を弱火~中火で焼く。

4.中まで火が通ったら、強火にして両面に軽く焦げ目をつける。

5.皿に盛り、蜂蜜と杏ジャムをかけて完成。パウダーシュガーやシナモンをかけると更に美味しくなります。
PR
IMG_4122.jpg

気がつけば結構な期間、冷凍庫に入れっぱなしになってた小あじを使って唐揚げを作ることに。
作り方はいたってシンプル。
  1. 小あじのエラとワタを取り除いて水洗いし、キッチンペーパーで水気を取る。
  2. (1)に片栗粉をまぶし、弱火で8分くらい揚げた後、強火にしカラッとしたら引き上げる。
  3. 揚げ油少々に、醤油、みりん、酢、おろし生姜、刻んだ鷹の爪を加え軽く加熱し、皿に盛った(2)にかければ完成。
サクサクしてて丸ごと骨まで簡単に食べられるので、美味しくて身体にもよさげです。
今回はブリアラの照り焼きを作ってみました。

どうでも良いけど、回を重ねるごとに文字の加工がくどくなってきてる気が…。
次回からは初心に帰ってアッサリ系で行こう。

材料…

ブリのアラ(1枚)、醤油(50ml)、みりん(50ml)、生姜(スライスしたもの2枚程度)、酒(適量)
buriteri2.jpg 398円の半額で199円…2切れ入ってるから一枚あたり約100円…。

鯛のアラほどのお得感は無いけど、アラというかほとんど切り身みたいなモンだし、持ってみた感じ500g以上はありそうなので購入。
buriteri4.gif ※うっかりして調理工程の写真をほとんど撮っていなかったので、イメージ絵でお送りします。

1.ボウルなどに入れたアラに、沸騰したお湯を裏表まんべんなく振り掛け、すぐに水に晒して冷まします。
buriteri5.gif 2.熱湯を掛けることによって、ウロコや血の塊が取れやすくなるので、流れに逆らって親指で押してやるとウロコは簡単に取れますが、力を入れすぎると皮が破れてしまうので注意が必要です。
ウロコが残っていると食感が悪くなるので、丁寧に出来るだけ取り除きます。
buriteri3.jpg 3.熱したフライパンにアラを入れ、酒を振りかけ蓋を閉め蒸し焼きにします。

頃合を見て裏返し、両面に火が通ったら、みりん、醤油、スライスした生姜を加え、軽くゆすりながら時々裏返し、煮詰まるまで両面を焼きます。

最後に、魚焼き網(もしくはグリル)で焦げ目を付ければ完成です。
付け合せの大根は、米のとぎ汁で10分くらい下茹でした後、昆布だしと醤油で30分くらい煮てみたんですが、ちょっと生煮え…。
それはそれで美味しかったからまあいいか。
taiara.jpg

オオゼキで「鯛のあら」が50円だったので、さっそく「鯛のあら汁」に挑戦。

ざっとレシピを調べてみたら、「鯛のあらと豆腐とネギ」みたいな感じのシンプルな料理がほとんどだったんだけど、鯛からとれる出汁には消化吸収を助けるビタミンB1が豊富に入ってるそうなので、折角だから具沢山でいくことに決定!

今回使った材料は

鯛のあら…1尾分、にんじん…1本、新じゃが…3個、木綿豆腐…1丁、長ネギ…1本、
赤味噌…大さじ4、塩…適量、昆布…1本
taiara2.jpg 1.あらに塩をふり、沸騰したお湯に入れ、
 表面が軽く白くなったら引き上げ、氷水に
 浸けウロコや血の塊を取り除きます。
taiara3.jpg 2.昆布だしに、野菜、鯛のあらを投入。
 ひと煮立ちしたら、後はひたすら灰汁を
 掬い、野菜が柔らかくなったら味噌を
 溶き入れ、さらに数分煮込んで完成。

何だか、ほっとするような素朴な味でした。
鯛のあらは思ったより食べ応えがあったから
また作ろうかな。
ma-bo-nasu.jpg

適当に作ったら意外と美味しかったので、記録代わりにレシピのようなものを作ってみました。
分量はあくまでも目安なので、お好みで調整してください。

材 料(2人前)

茄子(中程度のもの3本)、豚ひき肉(200g)、赤味噌(大さじ2)、砂糖(大さじ2)、みりん(大さじ4)、
ごま(大さじ3)、唐辛子(2本)、醤油(適量)、片栗粉(大さじ1)、ごま油(適量)、サラダ油(適量)

ma-bo-nasu1.jpg 1.茄子を乱切りにし、水に浸した後、ザルに揚げて水をよく切る。
ma-bo-nasu2.jpg 2.赤味噌、砂糖、みりんを混ぜ、ゴマをする。
ma-bo-nasu3.jpg 3.ごま油で茄子がしんなりするまで炒め、ひき肉、刻んだ唐辛子、2.で作った味噌だれ、ゴマを加え、醤油で味を調えながら更に炒める。
ma-bo-nasu4.jpg 4.茄子にある程度味がしみ込んだら、水で溶いた片栗粉をかけ、サラダ油を加えながら手早くかき混ぜ仕上げる。

皿に盛って完成。