忍者ブログ

[1]  [2]  [3

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

プロフィール

HN:
きしず座
HP:
性別:
男性
職業:
無職
趣味:
絵とか写真
自己紹介:
生れた日:

19xx年11月30日

年のころ:

四半世紀+2

好きなイロ:

赤、黒、白、オレンジ


好きなモノ:

古道具、胸躍るモノ

最新記事

ブログ内検索

最新コメント

(10/16)
(01/22)
(01/20)
(01/20)
(01/05)

バーコード

アーカイブ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新釈 走れメロス 他四篇
新釈 走れメロス 他四篇
森見 登美彦
祥伝社 2007-03-13


恐ろしく久しぶりの読書レビューです。

誰でも一度は名前を聞いたことがあるであろう「走れメロス」をはじめ、古典的な名作5編をモリミーこと森見 登美彦氏が大胆な新釈で新たに命を吹き込み、舞台を京都の大学生達の生活に移した短編集。

などと硬め(?)の文章で始めてみたけども、気構えることなくサックリと読める仕上がり。

原作を読んだことがある人はもちろん「名前は知ってたけど、古典的な名作ってどうにも取っ付きにくくって読んだ事無いんだよなぁ。」と言う人も十分に楽しめます。


特に表題作「走れメロス」の全体に漂う阿呆な空気がたまらなく楽しい!

「楽団の甘く奏でる『美しく青きドナウ』にのせて桃色ブリーフ一丁で踊り、学園祭のフィナーレを飾らねば詭弁論部を廃部にする。」

という図書館警察長官の要求に対し、姉の結婚式に出席するため一日の猶予を願い出て、親友の芹名を人質に置く芽野。

姉なんていないのに!(爆笑

互いを信頼し合い、助け合い、抱きしめあうなどと言う清らかで口当たりの良いものばかりが友情なのか?

約束も守らず、裏切りあって罵り合って、これっぽっちも相手を信頼しない友情だって存在するんじゃないか?

『自転車にこやか整理軍』の追っ手をかいくぐり、京都中を走りまわる疾走感!

走れ芽野!約束を守らないために!(笑



蛇足だけど、原作「走れメロス」のオチは、全裸なのを親友のセリヌンティスに指摘されてメロスがひどく赤面すると言うものだということは意外と知られて無い事実(笑

結婚式の宴会で泥酔した上に翌日寝過ごしたり、歌いながらのんびり歩いたり、メロスの行動って突っ込みどころ満載なんですよね。
PR
いや~、今初めて携帯から更新してるんですけど、上手くいくかちょっと ドキドキ
まあ、どっちにしろ後で修正するつもりなんだけど(笑)
などという話はどうでもいいか…


MADHOUSE制作の「パプリカ」という劇場用アニメの存在を知って、オフィシャルサイトを見てみたら、これが何だか面白そう!原作は「七瀬」の筒井康隆かぁ。

と言うことで、映画を観る前に原作を読もうとアッチこち探し回ってみたのがおよそ一ヶ月前。
何故か一向に見当たらない。
人気がありすぎて売り切れなのかな?
でも、うちの地方ではパプリカのCMやってないと思うんだけど。

とりあえずダメ元で図書館に行ってみると…あるじゃない!

そんなこんなで、ちょっぴり頑張って探した分、ホクホクした気分で読んでみる。

うん、うん。面白い!

精神医療研究所の理事にしてノーベル賞候補の敦子。
しかしてその実体は…
政治的な理由等で公に精神治療を受けられないVIPに非公式の治療を施す「夢探偵パプリカ」だったのだ!!

みたいな感じ。
んで、敦子達のノーベル賞受賞を阻止しようとする何者かと戦うんだけど、エゴとエゴのぶつかり合いで、どちらが正義という訳でもないです。

とりあえず、僕的には久我さんと陣内さんの戦うバーテンコンビがお気に入り。
特に久我さんの巨大か…
おっと、喋り過ぎた。

終盤のグズグズ感は評価わかれそうだけど、ただ、このグズグズ感、夢から覚めそうになったときに「まだ起きたくない!」ってグズって無理やり夢を引き伸ばした時に近い感じもするんですよね。
やっぱり狙ってやったのかな?

美青年とご老体とのおホモダチ関係とかグロ描写(●●握りつぶされたりとか)が出てきても、読むくらいなら大丈夫って人って人はオススメ。
そういうのは、読むのも嫌だ!って人は…
止めておいた方が賢明かな。
この本については多くを語るまい…

というか、語れないのだけど。

何か、昔の自分とダブってきちゃうんですよね。

もちろん、僕はハンスみたいに優秀じゃなかったですけど(笑


この本を初めて読んだのは二十歳くらいの頃だったけど、せめて十代の頃に読んでいれば少しは…

いや、それは言うまい。


とにかくお薦めです!

とくに学生さんに読んで欲しい一冊。
毎度の事だけど、もういい加減分かるだろうに…という状況になっても、話が呑込めない警察が(色んな意味で)凄い…。

「あ~、ウチのトイレのドアも、冬場になると開きにくくなる事があるんですよね~」くらいの事を言う人が居ても良さそうなんだけど…

そうです、ウチのトイレは冬場になると、外側の壁に付いている磨りガラスの窓せいで、気圧が下がってドアが開きにくくなる事がよくあるんです。

と、どうでもいいようなプライベートネタを言ってみる(笑

まぁ、正直推理小説とかは苦手なので、このくらいのじゃないと読めないんですけどね。

というか、私としては話さえ面白ければいいのだよキミ(誰?


今回も、犀川君と萌絵のラブラブ話はズンドコドコと進行していき、結婚するだの死ぬ死なないだのというところまでイッチマイます(笑

それに比べて事件の扱いなんて、そのストーリーにくっ付いてるレタスの切れッ端(ミニトマトでもいいけど)みたいモンなんですよ。

…それは流石に言い過ぎか。

うん、まぁ、オマケみたいなものって事ね。(どちらにせよヒドい



というわけで(どういうわけで?)今回も、2人の会話をちょっとだけ抜粋。

と、その前にいろいろ軽く補足。

犀川君は毎朝時計を秒針まで合わせるのを習慣にしていて

「人を待たせるという行為は、他人の時間を盗むことだ。」

なんてことを口癖にしてるくせに、雪の降りしきるクリスマス・イブの寒空の下、お嬢様の萌絵を1時間以上も待たせちゃったからさあ大変!しかもこれで4回目!

極めつけに犀川君てば、これまでの人生で約束の時間に遅れたのは、その4回だけだという言わなくてもいいことまで言っちゃうからさあ大変!これは修羅場だよ〜!!




「ふうん…」

萌絵は顎を上げる。

「聞き捨てならないわ。もう、絶対許せない。それ、どういう了見かしら?(中略)これって、何かの試練なんですか?ああ、そうね。そうだ、きっと何か私をお試しになっているんでしょう?西之園萌絵を試そうとしてるわけ…。そうだわ、テストですね?きっと、そう…、どれくらいで私が怒るのか調べていらっしゃるのでしょう?データを採っているのね?こっそりエクセルで折れ線グラフでも描いているのでしょう?そう、第一回目は一時間二十分でしたけど…、私、全然怒りませんでしたものね?どこだったか覚えてます?」

「デニーズだ」

「そう、正解…。去年の八月です」

萌絵はコートを脱いで、ソファの上にそれを勢い良く投げつける。

「どうです?先生のご希望どおり、私、だんだん気が短くなってるでしょう?こういう環境にいたら、誰だって矯正されてしまうか、反発して蓄積してしまうか、どちらかですものね?先生、きっと気の短い女性が好きなんだわ!これって、私を短気な女にさせるための矯正ギプスなんですね?もう、このまま、あと五年もしたら、きっと世界で一番気の短い女になるんだわ、私。ちょっとしたことで、真っ赤になって、ナプキンに手が届かないだけで、フォークを投げつけるようになりますからね。もう、許せない。本当、どうしよう…。何、壊してやろうかしら…、もう…」

「何でも良いよ」

犀川は座ったまま萌絵を見ていた。

「それとも、一発、僕を殴る?」




なんかさ、犀川君、挑発してるとしか思えないんだけど(笑

この喋り方は、苗字みたいな名前のお父さん譲りなのか?

とりあえず、このあと何だかんだで(表向きは)仲直りして

「子供できたらどうする?」

「それが問題?」

なんてデンジャラスな会話をしたり、萌絵の「血液の病気」が発覚したり、そのせいで犀川君が萌絵に求婚したりとすさまじい急展開!

…もちろんこの文章に嘘は書いてないけど、意図的に情報を制限してるので、本当のところが知りたい人は、買って読んでくださいな。

多分、愕然とするから!(爆笑

半分くらいの人は萌絵に対して怒るだろうな~。

ま~、僕はありと思いますけどね~。

可愛らしいんじゃない?



ところで、最近ずっと森博嗣の本ばっかりだなぁ〜。

というわけで、次は海外モノの予定。
前作の終盤辺りから、何とはなしにそんな感じがしないでもなかったけど、まさかココまで…

え?何の話かって?

それはもちろん、犀川君と萌絵のラヴラヴ路線の話だよキミ。

前作の時は、部活中の萌絵が犀川にクイズを出して、もし着替えが終わるまでに問題が解けなかったらホッペにキスをしろと言い残して、犀川の返事を聞かずにサッサと着替えに行ってしまうのさ。もちろん我らが犀川君は苦も無く答を導き出すのだけど、そこでこう思うわけ。

「答えを言おうか?それとも解けなかった事にしようか?これは難問だぞ…」

ええ!?犀川君ってこんなキャラだっけ!?それともこれは、前回の逆トリックに対する作者なりのヒント!?

…といった感じで衝撃を受けたのだけど、今回はこんなもんじゃない!!


<以下本文からの引用>



大学の敷地からオーバーハングして生い茂っている樹々のため、辺りはますます暗くなる。周囲に人気はなかった。

彼は一度立ち止まって、煙草に火をつける。

「西之園君。目を瞑ってごらん」犀川は言った。

「え!?」萌絵は驚いたようだった。「何?何?先生」

「いや、別に大したことじゃないよ」

萌絵は犀川に近づく。二人は、数字の11よりも接近した。

「目を瞑って…」

「どうして?」

「君が大人になったってことを、認めようと思ってさ」

「先生…」萌絵はうっとりとした顔になる。

「いいから、目を瞑ってごらん。良いものをあげるから」

「わあ、凄い!どきどきしちゃうわ」

彼女は素直に目を瞑って、少し上を向いた。

犀川は、火をつけたばかりの自分の煙草を彼女の口にくわえさせた。


<引用おわり>





……

………

助けてアン○ンマン!!


振り上げたこぶしをどこへ下ろせば良いのか分からないままモンキーダンス。みたいな気分(何だそれ

あの、女性と二人っきりで夜道を歩いたのは生まれて初めてだよ。な犀川君はどこへ行っちゃったんだろう!?2年の間に一体何が!?