忍者ブログ

[128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

プロフィール

HN:
きしず座
HP:
性別:
男性
職業:
無職
趣味:
絵とか写真
自己紹介:
生れた日:

19xx年11月30日

年のころ:

四半世紀+2

好きなイロ:

赤、黒、白、オレンジ


好きなモノ:

古道具、胸躍るモノ

最新記事

ブログ内検索

最新コメント

(10/16)
(01/22)
(01/20)
(01/20)
(01/05)

バーコード

アーカイブ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、ほぼ2ヶ月ぶりの更新です。

前々から気にはなっていたけど、何だかイカツい店名で中々入れずにいた

雑炊専門店「野武士」

意を決して入ってみたのだけど、中に入ると意外にも昭和レトロな店内。

しかも、ただのレトロ趣味ではなく大戦モノ。

「この内装でなぜに野武士?」などと思いつつメニューに目をやると、牡蠣雑炊などという魅惑的な一品が。
でも、魅惑的な一品だけあってお値段も中々お高い。

「ん~、牡蠣食べたいけど、ここはアサリにしとくか…。」などとつぶやきつつアサリ雑炊を注文。

しばらく待つと、小さな南部鉄鍋に入った雑炊が到着。

ほんのりと薫るアサリと牡蠣の香りがまた…ってあれ?牡蠣で出汁とってんのかな?

小鉢(志野?)に雑炊を注いでみるとあらビックリ!アサリはもちろんのこと、牡蠣がゴロゴロと出てくるではありませんか!

僕の「牡蠣食べたい」ってつぶやきが聞こえたのか、店長のさり気ないサービスにチョッピリ感動。

口に含むと鼻腔を抜ける牡蠣の香りが何とも…。

ご飯の解け具合と言い味のしみ具合といい、久しぶりの文句無しに美味しいお店でした。

また行きたいな。
PR

Comments

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: