忍者ブログ

[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

リンク

プロフィール

HN:
きしず座
HP:
性別:
男性
職業:
無職
趣味:
絵とか写真
自己紹介:
生れた日:

19xx年11月30日

年のころ:

四半世紀+2

好きなイロ:

赤、黒、白、オレンジ


好きなモノ:

古道具、胸躍るモノ

最新記事

ブログ内検索

最新コメント

(10/16)
(01/22)
(01/20)
(01/20)
(01/05)

バーコード

アーカイブ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




彼岸花が綺麗に咲いていました。


学名:Lycoris radiata var. radiata
別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)
花期:秋


日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。
学名のLycoris(リコリス)とは、ギリシャ神話の海の女神:リコリスの名前からとられたもの。また、韓国では彼岸花のことを「相思華」ともいう。 これは彼岸花が花と葉が同時に出ることはないから「葉は花を思い、花は葉を思う」という意味である。<Wikipediaより抜粋>
PR

Comments

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
PASS

Title:無題

このお花好きなんだけど、見ると哀しいのよね。
包み込むように花びらがあるのに、通りすぎるそよ風がなんだか片想いみたいでさ…。

deri  2006/10/02 (Mon.) 14:25 edit

Title:無題

「花と葉が同時に出ることはない」ってあたり、すれ違いの恋を連想させますよね…。

きしず座  2006/10/03 (Tue.) 02:44 edit

Trackback

Trackback for this entry: